[注目トピックス 市況・概況]ユーロ週間見通し:もみあいか、ユーロ圏の金利先安観残る

*14:53JST ユーロ週間見通し:もみあいか、ユーロ圏の金利先安観残る
■強含み、米利上げペース鈍化の思惑広がる

先週のユーロ・ドルは強含み。イエレン米FRB議長の議会証言を受けて米利上げペース鈍化の思惑が広がったことが要因。ユーロは一時1.13ドル台後半まで買われたが、週末前に上昇一服となった。12日発表のユーロ圏域内総生産(GDP)は市場予想と一致し、成長鈍化に対する警戒感がやや後退したこともユーロ相場を下支えした。取引レンジは1.1087ドル-1.1376ドル。

■弱含みか、ドラギECB総裁の発言などに注目

今週のユーロ・ドルは弱含みか。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の欧州議会での証言(15日)やECB理事会の議事要旨公表(18日)が手掛かり材料となる。ECBが3月に一段の量的緩和に積極的な姿勢が示されるかどうか、注目される。量的緩和策強化への思惑が広がった場合、ユーロ買い・ドル売りポジションの解消に絡んだユーロ売り・ドル買いの取引が増える可能性がある。

予想レンジ:1.1000ドル−1.1400ドル

■対円レートは下落、日本株大幅下落でリスク回避の円買い

先週のユーロは対円で下落。日本株の大幅下落を嫌ってリスク回避的な円買いが活発となったことが要因。ユーロ圏の金利先安観は消えていないこともユーロ売り・円買いを促す一因となった。取引レンジは125円78銭-130円91銭。

■もみあいか、ユーロ圏の金利先安観残る

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。