[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:ドル・円は伸び悩みか、日本の10-12月期GDPを見極める展開

*14:55JST 為替週間見通し:ドル・円は伸び悩みか、日本の10-12月期GDPを見極める展開
■ドルは一時111円割れ、米利上げペース鈍化懸念でドル売り

先週のドル・円は続落。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は10日に開かれた議会証言で金融環境は引き締まっていると指摘し、米利上げペースは大幅に鈍化するとの観測が広がった。日本株の大幅下落も嫌気され、11日午前の欧州市場でドルは一時110円99銭まで下落し、2014年10月31日以来となる1ドル=111円割れを記録した。

しかしながら、同日の欧州市場で日本銀行が為替取引状況を金融機関に確認したとの噂が流れたことでドルは113円台に急反発。12日には黒田日銀総裁が首相官邸に出向いて安倍首相と最近の市場動向について意見交換したことから、早期追加緩和への思惑が広がり、リスク回避的な円買いは後退した。

12日の欧米市場では、ダドリーNY連銀総裁が「米国経済は依然強い」と発言したことや1月の米小売売上高が予想を上回ったことを好感してドルは113円54銭まで上昇し、113円21銭でこの週の取引を終えた。先週の取引レンジは110円99銭から117円53銭となった。取引レンジは110円99銭-117円53銭。

■ドル・円は伸び悩みか、日本の10-12月期GDPを見極める展開

今週のドル・円は伸び悩みか。リスク回避的な円買いは一服したが、米3月利上げ観測は後退しており、リスク選好的なドル買い・円売りが大きく広がる状況ではないとみられる。市場関係者が注目している日本の10-12月期国内総生産(GDP)速報値は、前期比年率-0.7%と予想されており、7-9月期の+1.0%との比較で成長率は悪化する見通し。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年2月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。