[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:ドル・円はもみあいか、日銀の追加緩和見送りで円高も

*15:29JST 為替週間見通し:ドル・円はもみあいか、日銀の追加緩和見送りで円高も
■ドルは堅調推移、米指標改善や日本の大型景気対策などが好感される

先週のドル・円は堅調推移。英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決まる直前のドル・円の高値(6月24日の106円84銭)を突破し、21日の東京市場で6月上旬以来となる107円49銭まで買われた。政府が新たにまとめる経済対策は20兆円を超える規模になると報じられたが、これに伴って日本銀行による国債買い入れ額の増額などを含めた追加緩和への期待が広がったことがドル上昇につながった。米経済指標の改善によって9月利上げ観測が浮上していることや米国株式の堅調地合いもドル相場を下支えした。

日本銀行の黒田総裁が英BBCラジオ4の番組で発言した内容を巡ってドル売り・円買いが優勢となり、ドル・円は21日のロンドン市場で105円台前半まで売られる場面あった。報道によると、黒田日銀総裁は6月21日の英BBCラジオ4の番組で、「現在の制度的枠組みを考えると、現段階でヘリコプターマネーは必要性も可能性もない」と語った。インタビューは6月17日に収録されていた。

しかしながら、先週発表された米経済指標の多くは改善を示しており、ドルの押し目買い興味は後退しなかった。週後半はユーロ、英ポンドに対するドル買いがやや優勢となり、ドル・円の取引にも影響を与えた。ドル・円は106円06銭でこの週の取引を終えた。取引レンジ:105円16銭-107円49銭。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。