[注目トピックス 市況・概況]米国株式市場見通し:7-9月期決算が山場

*15:01JST 米国株式市場見通し:7-9月期決算が山場
米大統領選両候補による最後の討論会では、ヒラリー氏優勢との見方に変化はなく、大きな相場の変動要因とはならなかった。大統領選挙の結果がほぼ見えてきたことで、今週はピークを迎える主要企業の7-9月期決算が最大の関心事項となるだろう。これまで時価総額が大きい金融大手が相次いで予想を上回る決算を発表しており、相場を下支えしているが、今週はアップルやアマゾンなど時価総額の大きいハイテク企業が追随できるか見極めたい。

来週は決済ネットワークのビザ(24日)とマスターカード(28日)、携帯端末のアップル(25日)、オンライン小売のアマゾン・ドット・コム(27日)、自動車のゼネラル・モータース(25日)とフォード・モーター(27日)、通信のAT&T(25日)、家庭用品のプロクター&ギャンブル(25日)やスリーエム(25日)、飲料品のコカコーラ(26日)、航空機・防衛関連のボーイング(26日)やロッキード・マーチン(25日)、エネルギーのエクソンモービル(28日)などの決算発表が予定されている。

エクソンモービルは、9月にNY州司法当局が過去2年間の原油価格の大幅な下落にもかかわらず、保有資産の減損処理をしていないとして調査を行なっていることが明らかとなった。また、エクソンが化石燃料によって地球温暖化が進むことを約40年前に知りながら、投資家に適切な情報開示を行わず、温暖化懐疑論を後押しすることに大きな支出をしてきた可能性についても調査を行なっている模様。決算発表でもこれらの点に注目が集まりそうだ。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。