[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:ドル・円弱含みか、トランプ・リスクへの警戒根強い

*17:28JST 欧米為替見通し:ドル・円弱含みか、トランプ・リスクへの警戒根強い


今日の欧米市場では、ドル・円は弱含みを予想したい。米国の現地時間8日投開票の大統領選を見極める展開で、小動きとなる見通し。ただ、世論調査では民主党候補クリントン氏の共和党候補トランプ氏に対するリードは僅差のもようで、「トランプ・リスク」への警戒感は根強いとみられる。

CBS、ワシントン・ポスト/ABCによる直近の世論調査によると、クリントン氏のトランプ氏へのリードはいずれも4ポイントとなった。連邦捜査局(FBI)による私用メール問題の訴追見送りが寄与し、クリントン氏への支持はFBIが捜査再開に言及する前の水準まで回復したもようだ。そうした有力メディアによる選挙情勢報道を受け、アジア市場では積極的には動きづらいなか、ドル・円は104円台で底堅い値動きとなっている。

しかし、市場関係者の不安は和らいでいない。今回の大統領選は、米国内の人口動態の変化がどのように影響を与えるかが注目されている。つまり、白人の減少やリベラル志向の有権者の増加を考慮すれば民主党が有利になって当然だが、それにしては「クリントン氏のリードが小さすぎる」(ある市場筋)との声が聞かれる。

先日日本の一部国会議員のツイッターに、米国人で民主党支持のある金融機関関係者が今回トランプ氏に投票すると話していた、とのエピソードを紹介。そのうえで「本質はワシントン的な既成政治に対する漫然とした不満」と指摘している。同議員の言う「既成政治」に異議を唱えたサンダース上院議員は7月の予備選で民主党の指名候補争いに敗れたものの、一時クリントン氏を上回る支持を集めていた。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2016年11月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。