[注目トピックス 市況・概況]日経平均テクニカル:19300-19500円辺りでの強弱感対立も

*18:15JST 日経平均テクニカル:19300-19500円辺りでの強弱感対立も
小幅ながら3日続落。3日続落となると7月22日~26日以来となる。小幅な値動きとなり、下値の堅さは意識されるが、5日線が上値抵抗として意識されつつある。ボリンジャーバンドでは+1σに接近しており、+2σとのレンジは継続している。+2σは19795円辺りまで切り上がりをみせている。先週末にはMACDが陰転シグナルを発生させているが、シグナルとの乖離が若干拡大。パラボリックはSAR値が19160円辺りまで上昇している。陽転シグナルは継続しているが、実線との乖離が縮まってきており、先行き陰転シグナル発生が意識されやすい。週足ベースの価格帯別出来高では、足元のもち合いによって19000-19200円処についで、19300-19500円辺りの出来高も膨らんできており、強弱感が対立してくる。


《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2016年12月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。