[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、米金利見通しが手掛かり材料に

*14:55JST 為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、米金利見通しが手掛かり材料に
■ドル・円は一時115円51銭、米利上げ継続を想定してドル強含み

先週のドル・円は強含み。米3月利上げを想定したドル買いが活発となり、ドルは一時115円51銭まで買われる場面があった。8日発表された2月ADP全米雇用報告は市場予想を大幅に上回る雇用増となった。この結果、3月14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で追加利上げが決定されることは確実との見方が広がり、米債券利回りは全般的に上昇し、リスク選好的なドル買いが活発となった。

10日に発表された2月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+23.5万人となり、20万人程度の増加とされていた市場予想を上回った。2月の失業率は4.7%で1月から0.1ポイント低下したが、平均時給は前年比+2.8%で市場予想と一致した。市場関係者の間では平均時給の上昇率が注目されていたが、3%を下回ったことからインフレ加速の思惑は後退し、利益確定を狙ったドル売りが広がった。ドル・円は115円台半ばから114円66銭まで反落し、114円81銭でこの週の取引を終えた。取引レンジ:113円56銭-115円51銭。

■ドルは上げ渋りか、米金利見通しが手掛かり材料に

今週のドル・円は上げ渋りか。日米の金融政策と米利上げペースを見極める展開となる。米連邦準備制度理事会(FRB)は14-15日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25ポイントの追加利上げを決定する見通し。このため、週前半はドル買いがやや優勢となる可能性がある。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2017年3月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。