[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米減税法案やFRB議長人事にらみの展開

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米減税法案やFRB議長人事にらみの展開
今日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融正常化を背景にドル買いは継続の見通し。ただ、トランプ政権の減税法案や次期FRB議長人事などが注目され、目先は積極的なドル買いは入りづらい地合いとなりそうだ。

前日発表された米国の9月住宅着工件数と住宅建設許可件数が予想と前回分を下回り、成長持続を見込んだドル買いはいったん後退したようだ。また、米地区連銀経済報告(ベージュブック)では「労働市場のひっ迫にもかかわらず、物価圧力の伸びは緩やか」との見解も意識された。

ただ、ダドリーNY連銀総裁が米国の労働市場について「非常にひっ迫」しており、FRBは「2017年3回の利上げ軌道にある」などと発言。FRBの金融正常化方針を背景に12月利上げ観測が続き、経済指標の下振れを受けたドル売りは小幅にとどまった。本日アジア市場も、ドルは底堅い値動きとなっている。

今晩は21時半発表の米国の10月フィラデルフィア連銀製造業景況指数や23時の9月景気先行指数が材料視される。いずれも前回を下回る見通しだが、タカ派寄りのジョージ米カンザスシティー連銀総裁の講演があり、FRBの引き締めに前向きなスタンスを示すとみられ、ドル売りは出にくい地合いが継続するだろう。

一方、トランプ大統領は

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2017年10月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら