[注目トピックス 市況・概況]初回SQを前に午後は狭いレンジ内でのボックス推移に【フィスコ・ビットコインニュース】

*18:18JST 初回SQを前に午後は狭いレンジ内でのボックス推移に【フィスコ・ビットコインニュース】
1月17日18時00分時点のビットコイン(BTC)は、1,237,000円台で推移している。朝方にボリンジャーバンド(日足)の-2σ(1,390,000円処)を大きく割り込んだ。直後に1,500,000円台まで一時的な買い戻しの動きもみられたものの、リバウンドの力は弱かった。午後はバンド幅が下向き基調となるなか、中心線(20日線)の位置する1,250,000円処と-1σ(1,200,000円水準)の狭いレンジ内でのボックス推移になっている。CBOEのビットコイン先物の初回SQ(清算値算出)を日本時間の18日午前6時(米東部時間17日午後4時)に控えていることから、夜にかけて値動きの荒くなる展開には注意しておきたい。なお、ここまでの高値は9:00に付けた1,509,090円、安値は7:30に付けた1,010,010円となっている。

時価総額上位10位の仮想通貨では、全面安商状ではあるものの、リップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)が前日比10%台の下げとなっており、朝方から下げ幅を縮小してきている。

なお、国内の主要取引所(bitFlyer等)におけるビットコイン価格は、米ドルベースで10,900.00ドル台での動きとなるほか、米国(Bitfinex、Kraken等)の取引所でも、10,500.00ドル水準と国内外で前日からの下げ幅を縮小する動きがみられている。


※ビットコイン/日本円はフィスコ仮想通貨取引所、ビットコイン/米ドル及びアルトコイン上昇率はCoin Market Capを参照。なお、ビットコイン価格については値動きの関係上、ニュース作成時から大きく変動している場合がございます。あらかじめご了承ください。



《SK》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2018年1月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュース

次に読みたい関連記事「ビットコイン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら