[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:ドル・円は底堅い展開か、米利上げ方針維持で売りは慎重

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は底堅い展開か、米利上げ方針維持で売りは慎重
22日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い展開を予想したい。欧州中央銀行(ECB)1月理事会の議事要旨からタカ派寄りの内容が示されれば、ユーロ選好地合いとなる見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の年3回以上の利上げ観測がドルの下支えになりそうだ。

今晩の海外市場は、ECB理事会議事要旨(1月25日開催分)や米地区連銀総裁らの発言から、欧米中銀の金融政策がテーマになりやすい。ECBの1月理事会では、2018年に入って再検討の可能性が指摘されていた政策方針(フォワード・ガイダンス)の継続については修正されなかった。議事要旨の内容までは読み切れないが、理事会内のタカ派寄りの見解には反応しやすいだろう。ユーロ・ドルは16日に3年超ぶりの高値となる1.2555ドルをつけた後は利益確定売りに押される展開となっているが、今晩のECB議事要旨で出口戦略への思惑が高まれば、ユーロの買い戻しが見込まれる。

そうなればドル・円にもある程度の下押し圧力が加わる見通し。ただ、前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月30-31日開催分)では利上げ方針の継続が確認され、ドルは売りづらい状況となっている。ドル・円は本日アジア市場で、前日からの上値の重さが意識され日経平均株価の大幅安を手がかりに一時107円15銭まで弱含んだが、その後はやや値を戻す展開。FRBのパウエル新議長による議会証言を来週に控え、今晩の欧米市場でも米利上げ方針の維持が改めて材料視されよう。また、NYやアトランタなど地区連銀総裁の発言も利上げ観測を支援しそうだ。(吉池 威)

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年2月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら