[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米国の保護主義や欧州の政治リスクなどに警戒

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は弱含みか、米国の保護主義や欧州の政治リスクなどに警戒
2日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。米国の保護主義的な姿勢で貿易戦争への懸念からドル売りが継続する見通し。また、イタリア総選挙やドイツ大連立政権の行方に対する不透明感への警戒から、クロス円は円買い先行となりそうだ。

トランプ米大統領は1日、1月の一部家電やソーラーパネルに加え、鉄鋼製品などの輸入制限を決めた。主に中国を念頭に置いた措置とみられるが、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は声明を発表し、近く対抗策を打ち出す方針。その他の関係各国もいっせいに反発しており、貿易戦争に発展するとの懸念から、足元ではドル売りが強まっている。

株式市場にも波紋が広がり、1日のNYダウは前日比400ドル超下げ、本日は日経平均株価が一時600円超下落した。欧米株式先物は2日午後時点ではほぼマイナス圏で推移しており、今晩の欧米株安を警戒したドル売り・円買いの流れとなっている。米国の保護主義的なスタンスで世界的に株安となれば、リスク回避の円買いが続きそうだ。

また、欧州政治リスクも不安視されている。4日投開票のイタリア総選挙で、現在のユーロ体制に否定的な中道右派連合が勢力を拡大する事態となれば、大きなユーロ売り要因となろう。さらにドイツの社会民主党(SPD)の大連立政権参加に関する投票結果にも不透明感が漂う。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年3月2日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら