[注目トピックス 市況・概況]4月16日のNY為替概況

*04:46JST 4月16日のNY為替概況
16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、107円39銭まで上昇後、107円04銭へ反落し107円15銭で引けた。

予想を上回った米国の3月小売売上高を受けていったんドル買いが強まったものの、トランプ米大統領がロシアや中国を「通貨切り下げをしている」と非難したことなどから、貿易摩擦懸念が再燃。ドルは伸び悩み、円売りも後退した。

ユーロ・ドルは、1.2359ドルから1.2395ドルまで上昇し1.2375ドルで引けた。

ユーロ・円は、132円79銭へ上昇後、132円50銭へ反落。

ポンド・ドルは、1.4298ドルから1.4338ドルへ上昇した。

ドル・スイスは、0.9608フランから0.9578フランへ下落した。

   

 [経済指標]

・米・3月小売売上高:前月比+0.6%(予想:+0.4%、2月:-0.1%)・米・3月小売売上高(自動車除く):前月比+0.2%(予想:+0.2%、2月:+0.2%)・米・4月NY連銀製造業景気指数:15.8(予想:18.4、3月:22.5)・米・2月企業在庫:前月比+0.6%(予想:+0.6%、1月:+0.6%)・米・4月NAHB住宅市場指数:69(予想:70、3月:70)




《KY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年4月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。