[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は失速、ポンド・円が弱含み

*18:14JST 欧州為替:ドル・円は失速、ポンド・円が弱含み

 ドル・円は欧州市場で一時110円71銭まで上昇したが、足元は110円60銭付近にやや値を下げる展開。米10年債利回りが2.95%付近まで低下し、ドル買いは後退。また、17時半に発表された英国の5月消費者物価指数は予想通りの落ち着きをみせ、同生産者物価コア指数が鈍化したことで、ポンドはドルや円に対して売られ、ドル・円をやや押し下げた。一方、18時のユーロ圏の4月鉱工業生産は予想以上に落ち込んだものの、ユーロ売りは限定的となっている。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円60銭から110円72銭。ユーロ・円は129円80銭から130円01銭、ユーロ・ドルは1.1733ドルから1.1750ドルで推移。


《KK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年6月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。