[注目トピックス 市況・概況]8月10日のNY為替概況

*04:41JST 8月10日のNY為替概況
 
 10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円12銭から110円51銭まで下落し110円80銭で引けた。

トルコの政局不安、加えて、トランプ大統領がトルコに対する関税を倍に引き上げる方針を表明すると、リスク回避の円買いが強まった。その後、米国が制裁を発動するきっかけとなったトルコで拘束されている米国人牧師問題が解決に向けて進展しているとの報道で下げ止まった。



ユーロ・ドルは、1.1464ドルから1.1388ドルまで下落し、1.1400ドルで引けた。

トルコリラの急落を受け、欧州中央銀行(ECB)がトルコのエクスポージャーを多く持つ欧州銀行に懸念を強めているとの報を受けユーロ売りに拍車がかかった。



ユーロ・円は、127円29銭から126円01銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.2723ドルへ下落後、1.2792ドルまで上昇した。

ドル・スイスは、0.9929フランへ下落後、0.9959フランへ上昇した。_NEW_LINE__
 

  [経済指標]

・米・7月消費者物価指数:前年比+2.9%(予想:+2.9%、6月:+2.9%)・米・7月消費者物価コア指数:前年比+2.4%(予想:+2.3%、6月:+2.3%)・米・7月消費者物価指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、6月:+0.1%)・米・7月消費者物価コア指数:前月比+0.2%(予想:+0.2%、6月:+0.2%)・米・7月財政収支:−769億ドル(予想:-754億ドル、17年7月:-429.39億ドル)



 
《KY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年8月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。