[注目トピックス 市況・概況]前場に注目すべき3つのポイント~金融や自動車、資源関連に注目

*08:45JST 前場に注目すべき3つのポイント~金融自動車、資源関連に注目
5日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

株式見通し:金融や自動車、資源関連に注目
■前場の注目材料:ユニファミマ、2Q事業利益予想を上方修正、CVS事業好調
トヨタソフトバンクGと提携、自動運転車、移動サービス新会社


■金融や自動車、資源関連に注目

5日の日本株市場は、米株安の流れを受けて売り優勢の相場展開になりそうだ。4日の米国市場では、NYダウが200ドル超の下落となった。米長期金利が大幅に上昇し、10年債利回りは一時7年ぶりの高水準をつけたことが、利益確定を強める一因となったようである。FANGなどハイテク株は総じて軟調に推移しており、指数インパクトの大きい値がさハイテク株の下げが重石になりそうだ。シカゴ日経225先物清算値は大阪比165円安の23755円。円相場は1ドル113円90銭台と前日からは円高に振れて推移している。

もっとも、日本株市場は海外株高を評価するものの日中は弱含みが続き、日経平均は直近2日間で300円弱の下げをみせている。前日には終値で24000円を下回っており、目先的には調整が意識されていたため、驚きはないだろう。25日線(23280円処)辺りまでの調整は想定されているため、売り一巡後は押し目拾いを意識した底堅さがみられそうだ。

物色としては米長期金利上昇を背景にメガバンクや保険といった金融セクターに関心が集まりやすいだろう。また、米ハイテク株の下落や原油安、円安一服となる中、昨日物色されていたセクターは利食い優勢となる半面、利食いが目立っていたディフェンシブ系へのシフトといったリバランス中心になりそうだ。その他、トヨタ

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2018年10月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。