[注目トピックス 市況・概況]前場に注目すべき3つのポイント~21000円処での底堅さが意識される

*08:40JST 前場に注目すべき3つのポイント~21000円処での底堅さが意識される
29日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

株式見通し:21000円処での底堅さが意識される
■前場の注目材料:JCRファーマ、19年3月期予想を上方修正、コンセンサス上回る
■明電舎、独社と提携、試験システムMBD対応、電動車開発を効率化


■21000円処での底堅さが意識される

29日の日本株市場は模様眺めムードが強いものの、米株高の流れを受けて、底堅い相場展開が意識されそうだ。28日の米国市場は、NYダウが91ドル高と反発した。10-12月期GDP確定値が予想を下振れ、米経済減速への懸念から弱含みとなる局面もみられたが、米中協議進展への期待から上昇に転じている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円高の21205円。円相場は1ドル110円60銭台で推移している。

まずは、シカゴ先物にサヤ寄せする格好から買い先行での展開となろう。昨日はグローベックスのNYダウ先物が100ドル近く下落して推移していたこともあり、その反動もあってショートカバーも意識されやすいところである。昨日の日経平均は一時21000円を下回る局面もみられたが大引けでは上回って終えており、21000円処での底堅さも意識されそうだ。

もっとも、外部環境に振らされやすい需給状況でもあり、積極的な参加者は限られているだろう。指値状況も膨らみづらいため、先物主導によるインデックス売買の影響を受けやすい。米国では米中協議進展への期待から底堅さがみられたが、中国は米国との通商協議の一環として、急成長している国内のクラウドコンピューティング市場への海外ハイテク

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年3月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。