[注目トピックス 市況・概況]5月23日のNY為替概況

*04:30JST 5月23日のNY為替概況
 23日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円11銭から109円46銭まで下落し、109円60銭付近で引けた。米中通商摩擦の激化懸念が強まったほか、欧米PMI低下で世界的な景気減速懸念も再燃し、欧州株全面安、米株大幅安、原油価格急落、米10年債利回り急低下(一時2.29%台)を受けて、ドル売り、円買いが優勢になった。


 ユーロ・ドルは1.1107ドルまで下落後、1.1188ドルまで上昇し、1.1180ドル付近で引けた。独IFO指数やユーロ圏PMIの低下を受けたユーロ売りが先行後、米国のPMIや住宅指標の低下を受けたドル売りで買いに転じた。ユーロ・円は122円65銭から122円15銭まで下落した。


 ポンド・ドルは1.2624ドルから1.2684ドルまで反発。英国の合意なきEU離脱懸念によるポンド売りが一服し、買い戻された。ドル・スイスフランは1.0095フランから1.0024フランまで下落した。


[経済指標]
・米・先週分新規失業保険申請件数:21.1万件(予想:21.5万件、前回:21.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:167.6万人(予想:166.7万人、前回:166.4万人←166.0万人)
・米・5月製造業PMI速報値:50.6(予想:52.6、4月:52.6)
・米・5月サービス業PMI速報値:50.9(53.5、4月:53.0)
・米・5月総合PMI速報値:50.9(4月:53.0)
・米・4月新築住宅販売件数:67.3万戸(予想:67.5万戸、3月:72.3万戸←69.2万戸)


《KK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年5月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。