[注目トピックス 市況・概況]24日の米国市場ダイジェスト:米国株は上昇、米中関係の悪化懸念が後退

*07:48JST 24日の米国市場ダイジェスト:米国株は上昇、米中関係の悪化懸念が後退
■NY株式:米国株は上昇、米中関係の悪化懸念が後退

米国株式相場は上昇。ダウ平均は95.22ドル高の25585.69、ナスダックは8.73ポイント高の7637.01で取引を終了した。トランプ大統領が米中協議で合意した場合には、中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)排除の動きを緩和させる可能性に言及し、買いが先行。原油相場や米長期金利の上昇も好感され、終日堅調推移となった。セクター別では、銀行や電気通信サービスが上昇する一方で半導体・半導体製造装置や食品・飲料・タバコが下落した。

長期金利の上昇で、ゴールドマンサックス(GS)やJPモルガン(JPM)などの金融各社が上昇。写真共有アプリを手掛けるスナップチャット(SNAP)は、同アプリでの楽曲投稿サービス開始の為、複数の大手音楽レーベルと協議中であることが伝わり、堅調推移。航空機メーカーのボーイング(BA)は、世界各国の当局者との会合で「737MAX」に関して新たな問題が提起されなかったほか、6月下旬にも米連邦航空局(FAA)が同機の運航再開を許可するとの報道もあり、買われた。一方で、スニーカー小売のフットロッカー(FL)は、決算内容が予想に届かず、大幅下落となった。

27日(月)はメモリアルデーの祝日のため、米国株式相場は休場となる。

Horiko Capital Management LLC

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年5月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。