[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は下値を模索、米長期金利は低下が続く

*19:13JST 欧州為替:ドル・円は下値を模索、米長期金利は低下が続く

 欧州市場でドル・円は108円70銭付近まで弱含み、ドル売り、円買いが続いている。欧州株は全面安で、米株先物も大幅安となり、米10年債利回りが節目の2.15%を割り込み、低下に歯止めがかかっていない。ユーロ・ドルは1.1157ドルまで上昇している。一方、ポンド・ドルはハードブレグジット懸念から売られ、1.2572ドルまで下落している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円72銭から108円88銭、ユーロ・円は121円21銭から121円42銭、ユーロ・ドルは1.1148ドルから1.1157ドルで推移した。


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年5月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。