[注目トピックス 市況・概況]東京為替:ドル・円は108円40銭台で推移、中国本土株式の動向が手掛かり材料に

*10:22JST 東京為替:ドル・円は108円40銭台で推移、中国本土株式の動向が手掛かり材料に
12日午前の東京市場でドル・円は108円40銭台で推移。日経平均株価は小幅高で推移しており、株安を意識したドル売りはやや縮小。仲値時点のドル需要は通常並だったようだ。この後は中国本土株式の動向を注視する展開となり、株価続伸の場合、ドルは108円台後半まで買われる展開もあり得る。ここまでのドル・円は108円45銭から108円57銭で推移。
・ユーロ・円は、1.1326ドルから1.1334ドル、ユーロ・円は122円86銭から123円06銭で推移している。

■今後のポイント
・米中対立継続
・米国の経済指標は強弱まちまち
・年内複数回の米利下げ観測


《MK》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。