[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は戻り一服、米長期金利はさらに低下

*19:14JST 欧州為替:ドル・円は戻り一服、米長期金利はさらに低下

 欧州市場でドル・円は108円30銭付近でのもみ合いが続く。ドラギ欧州中銀(ECB)総裁の発言や18時に発表されたユーロ圏の弱い経済指標を受けユーロは全面安となり、ユーロ・ドルの下落を受けドルは小幅に押し上げられた。その後、ユーロ売りはいったん収束したほか、米10年債利回りが2.04%台に低下しドルの戻りも一服したようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円20銭から108円35銭、ユーロ・円は121円08銭から121円66銭、ユーロ・ドルは1.1181ドルから1.1238ドルで推移した。


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。