[注目トピックス 市況・概況]欧州為替:ドル・円は108円20銭から108円35銭で推移

*20:00JST 欧州為替:ドル・円は108円20銭から108円35銭で推移
 18日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円20銭から108円35銭で推移している。ユーロ・ドルの下落をきっかけにドル買いが優勢になっている。欧州株は全面高、米株先物は上昇、一方、米10年債利回りは一時2.03%台まで低下している。


 ユーロ・ドルは1.1238ドルから1.1181ドルまで下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の追加緩和言及やドイツの6月ZEW期待指数の急低下を受けて、ユーロ売りになっている。ユーロ・円も121円66銭から121円08銭で下落している。


 ポンド・ドルは1.2538ドルから1.2521ドルまで下落。英保守党党首選の第2回投票を控えてポンド売りが優勢になっている。ドル・スイスフランは0.9966フランから1.0005フランまで上昇している。


《KK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。