[注目トピックス 市況・概況]前場に注目すべき3つのポイント~21500円処での底堅さが意識される

*08:43JST 前場に注目すべき3つのポイント~21500円処での底堅さが意識される
11日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

株式見通し:21500円処での底堅さが意識される
■前場の注目材料:良品計画、1Q営業利益22.3%減 103億円、コンセンサス下回る
トヨタ、デンソーと車載半導体で新会社


■21500円処での底堅さが意識される

11日の日本株市場は、やや買い優勢の展開が期待されるが次第にこう着感が強まりそうである。10日の米国市場ではNYダウが76ドル高となった。パウエルFRB議長が議会証言で米経済は「逆流」の中にあると発言し、今月のFOMCでの利下げが意識され買いが広がった。決算発表シーズンを控えて上値は限られたものの、終日堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の21530円。円相場は1ドル108円40銭台と、やや円高に振れて推移している。

パウエルFRB議長による議会証言では、力強い雇用市場より、中国との貿易戦争などのリスクを指摘し、市場に利下げの合図を送ったと捉えられている。今月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げへの思惑から、米国市場は底堅い展開が意識されるため、この流れから日本株市場の底堅さも意識されそうだ。為替市場ではやや円高に振れてはいるが、108円台をキープしているためマイナス視するながれにはならないだろう。

また、ETFの決算に伴う分配金捻出による売り需要についてはピークを通過した格好であろう。機械的な売り需要が一巡するとの見方もされやすく、日経平均の21500円処での底堅さがみられているようだと、値ごろ感からの押し目買いも意識されてくることが考えられる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年7月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら