[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:ドルは弱含みか、重要指標悪化で大幅利下げの可能性残る

*15:03JST 為替週間見通し:ドルは弱含みか、重要指標悪化で大幅利下げの可能性残る
【先週の概況】
■7月利下げを想定してドル売り強まる

先週のドル・円は弱含み。6月の非農業部門雇用者数の急増を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅利下げ観測は後退し、ドル・円は108円99銭まで買われた。しかし、10日、11日に行われたパウエルFRB議長の議会証言で、「6月連邦公開市場委員会(FOMC)以降の不透明性が引き続き見通しを抑制している」との見解が伝えられたことから、7月を含めた年内複数回利下げ観測が再び広がり、ドル売り・円買いが優勢となった。中東情勢の緊張度が高まっていることもドル売り材料となった。その後、米国の6月消費者物価指数が市場予想を上回り、米長期金利が上昇したことから、ドル・円は一時108円台半ばまで反発する場面があった。

12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円35銭まで強含んだのち107円81銭まで下落した。6月の米生産者物価指数(PPI)が予想を上回ったため、リスク選好的なドル買いが観測されたが、シカゴ連銀エバンス総裁のハト派発言で、7月利下げ観測を受けたドル売りが優勢となり、ドル・円は節目の108円を割り込み、107円89銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:107円81銭−108円99銭。

【今週の見通し】
■ドルは弱含みか、重要指標悪化で大幅利下げの可能性残る

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年7月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら