[注目トピックス 市況・概況]後場に注目すべき3つのポイント~決算反応は明暗分かれ見極めムード強まりそう

*12:41JST 後場に注目すべき3つのポイント~決算反応は明暗分かれ見極めムード強まりそう
26日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

日経平均は4日ぶり反落、決算反応は明暗分かれ見極めムード強まりそう
・ドル・円は反落、買い一服後は失速
・値下がり寄与トップは、ファナック<6954>、同2位はオムロン<6645>

■日経平均は4日ぶり反落、決算反応は明暗分かれ見極めムード強まりそう

日経平均は4日ぶり反落。109.26円安の21647.29円(出来高概算4億8000万株)で前場の取引を終えている。

25日の米株式市場でNYダウは128ドル安と続落。航空機のボーイングや工業製品・事務用品のスリーエムといった主要企業の決算が嫌気され、売りが先行した。6月耐久財受注額が市場予想を上回り、週次新規失業保険申請件数は想定ほど増えなかったため、大幅利下げへの期待が後退したことも売りを誘った。前日に一時21800円台を付けた日経平均も、本日は米株安の流れを引き継いで利益確定の売りが先行し、56円安からスタート。ITサービスを中心とした好決算銘柄が買われる一方、輸出関連株では決算がネガティブ視されるものも多く、寄り付き後の日経平均は売りに押され21590.66円(165.89円安)まで下落する場面があった。東証1部の値下がり銘柄は全体の7割ほど、対して値上がり銘柄は2割強となっている。

個別では、任天堂<7974>やトヨタ自<7203>が小安く、前日にストップ高水準で取引を終えたアドバンテス<6857>もやや売り優勢だった。決算発表銘柄ではディスコ<6146>やオムロン<6645>が急落し、日清粉G<2002>や富士電機<6504>は東証1部下落率上位に顔を出した。これらの決算内容を受け、他の半導体関連株やFA(ファクトリーオートメーション)関連株にも売りが波及した。一方、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、日本電産<6594>はしっかり。日本電産の第1四半期は2ケタ減益だったが、成長期待が継続しているようだ。好決算のエムスリー<2413>やNRI<4307>は急伸。富士通<6702>は本業ベースでの大幅増益が好感され、エイトレッド<3969>などとともに東証1部上昇率上位に顔を出した。セクターでは、非鉄金属、機械、証券などが下落率上位。反面、陸運業、医薬品、精密機器などは小幅に上昇した。

日経平均は前日までの3日間で340円近く上昇し、5月初めに急落して以来およそ3カ月ぶりに21800円台に乗せる場面もあったため、週末を前に利益確定の売りが出てくるのはある程度想定内だろう。ただ25日発表分の決算を受けて、足元で相場をけん引してきた外需株全般の上昇に歯止めがかかる可能性もありそうだ。24日発表のアドバンテス決算は想定以上に底堅い内容となり、翌25日にストップ高水準まで買われた。これにつれてディスコも25日に年初来高値を大きく更新したが、同日の取引終了後に発表した決算が市場予想を下回り、本日は急反落となっている。

こうした企業ごとの業績動向や株価反応を見て、今後は決算内容をよく見極めたいとの思惑と銘柄選別姿勢が強まりそうだ。決算を受けた個別物色は活発だが、売り買い交錯で日経平均は21000円台後半でのもみ合いが続くとみておきたい。なお、ITサービスは事前の期待も高かったものの、良好な事業環境が続いていることを再確認できる決算内容と言えるだろう。本日はキーエンス<6861>、日東電<6988>、東エレク<8035>、NTTドコモ<9437>などが決算発表を予定している。


■ドル・円は反落、買い一服後は失速

26日午前の東京市場でドル・円は反落。朝方の買い一服後は日本株安を受けた円買いに押され、108円50銭台に失速した。

ドル・円は108円60銭付近で寄り付いた後、前日からのドル買いの流れを背景に108円70銭台に浮揚する場面もあった。ただ、日経平均株価の下げ幅拡大や上海総合指数の弱含みを受け、株安を嫌気した円買いに押された。

ランチタイムの日経平均先物は軟調地合いが続き、目先の日本株安継続への警戒感から円買いに振れやすい。中国株安も円買いを支援しそうだ。また、ユーロ・ドルが底堅く推移し、ドルを小幅に下押ししているもよう。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円57銭から108円74銭、ユーロ・円は121円05銭から121円20銭、ユーロ・ドルは1.1142ドルから1.1150ドルで推移した。


■後場のチェック銘柄

・ストップ高はなし

※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値下がり寄与トップは、ファナック<6954>、同2位はオムロン<6645>


■経済指標・要人発言

【経済指標】

・日・7月東京都区部消費者物価指数(生鮮品除く):前年比+0.9%(予想:+0.8%、6月:+0.9%)


<国内>
・特になし

<海外>
・特になし


《HH》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年7月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。