[注目トピックス 市況・概況]ユーロ週間見通し:弱含みか、域内経済の下振れリスクを警戒

*14:29JST ユーロ週間見通し:弱含みか、域内経済の下振れリスクを警戒
■強含み、米国の大幅利下げを想定したユーロ買いも

先週のユーロ・ドルは強含み。米中貿易摩擦の一段の深刻化で米国の経済成長が減速するとの思惑から、米国の大幅利下げ織り込むユーロ買い・米ドル売りが観測された。ただ、ドイツ鉱工業生産の大幅な落ち込みや、イタリアの政局不安などを嫌ってユーロ買いは週末前にやや一服した。取引レンジ:1.1105ドル-1.1250ドル

■もみ合いか、米9月大幅利下げ観測でドル売りも

今週のユーロ・ドルはもみ合いか。ユーロ圏6月鉱工業生産、4-6月期独国内総生産が注目される。市場予想を下回った場合、ユーロ売りが優勢となりそうだ。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による9月大幅利下げ観測は後退していないことから、米インフレ指標が予想を下回った場合、ユーロ買い・ドル売りが強まる可能性がある。

予想レンジ:1.1100ドル−1.1300ドル

■伸び悩み、人民元相場の動向を意識した値動きに

先週のユーロ・円は伸び悩み。米トランプ政権が中国を為替操作国と認定したことを受けてリスク回避のユーロ売り・円買いが先行した。人民元が対ドルで下げ止まったため、米中懸念はやや後退し、ユーロ売り・円買いは一時縮小したが、米ドル・円相場がやや円高方向に振れた関係で週末前にかけてユーロ・円は伸び悩んだ。取引レンジ:117円68銭−119円88銭。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら