[注目トピックス 市況・概況]米国株式:まちまち、連休控えて小動き

*09:55JST 米国株式:まちまち、連休控えて小動き
30日の米国株式相場はまちまち。ダウ平均は41.03ドル高の26403.28、ナスダックは10.51ポイント安の7962.88で取引を終了した。米中貿易摩擦を巡る懸念が後退し、買いが先行。9月1日に米中両国による追加関税措置の実施を控えるほか、連休を前にポジションを調整する動きが広がり、小動きとなった。セクター別では、素材や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や小売が下落した。

化粧品小売のアルタ・ビューティ(ULTA)は、通期見通しを引き下げ、30%近い急落。宝飾品のティファニー(TIF)は、UBSによる目標株価引き下げを受け、軟調推移。一方で、食料品のキャンベルスープ(CPB)は、決算内容が好感され、上昇。米国債利回りの上昇により、シティ・グループ(C)、ゴールドマンサックス(GS)、モルガン・スタンレー(MS)などの金融関連株が軒並み買われた。


《FA》

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年8月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。