[注目トピックス 市況・概況]9月のくりっく365、ポンド・円は弱含みの展開か

*10:51JST 9月のくりっく365、ポンド・円は弱含みの展開か
東京金融取引所(金融取)が手掛ける取引所為替証拠金取引「くりっく365」では、8月の取引数量は前月比47.6%増の297万4673枚となり、1日の平均取引数量は13万5213枚と前月比で増加した。月末時点の証拠金預託額は4735億円と前月比で約20億円増加した。取引通貨量では、米ドル、トルコリラ、南アフリカランド、英ポンド、豪ドルの順となっている。一方、取引所株価指数証拠金取引「くりっく株365」では、8月の取引数量は前月比81.8%増の119万7510枚となり、1日の平均取引数量は5万4460枚と前月比で増加した。月末時点の証拠金預託額は712億円と前月比で約4億円増加した。

取引数量トップはドル・円の74万7616枚(前月比44.5%増)であった。豪ドルの取引数量は30万4864枚(前月比156.6%)と大幅に増加した。8月1日のトランプ米大統領による対中制裁関「第4弾」計画の発表、つづく5日には米国側による中国為替操作国認定で米中対立の激化が嫌気され、9月にFOMCによる大幅利下げの観測も浮上しドルは売られた。豪準備銀行(中央銀行)は8月6日に政策金利据え置きを発表したが、米中対立の先行き不透明感から追加利下げの可能性もくすぶり豪ドル売り優勢の展開となった。月末にかけて米中双方で通商協議に対して歩み寄りの態度を見せた事で、ある程度のドル・豪ドルの買い戻しが見られる場面もあった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Fiscoの記事をもっと見る 2019年9月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。