[注目トピックス 市況・概況]豪ドル週間見通し:もみ合いか、追加利下げ観測で伸び悩みか

*16:03JST 豪ドル週間見通し:もみ合いか、追加利下げ観測で伸び悩みか
■堅調推移、雇用改善などで買い強まる

先週の豪ドル・円は堅調推移。9月失業率の低下や正規雇用者数の増加を受けて豪ドル買いが優勢となった。その後、英国と欧州連合(EU)は新たな離脱協定案で合意したことから、ポンド・円相場は大きく反発し、この影響で豪ドル・円の取引でも豪ドル買いが優勢となった。取引レンジ:73円00銭-74円40銭。

■もみ合いか、追加利下げ観測で伸び悩みか

今週の豪ドル・円はもみ合いか。米中通商協議の部分合意を受けた摩擦激化回避による安心感が引き続き下支えとなる。一方、9月雇用統計は改善したが、豪準備銀行(中央銀行)の10月理事会議事要旨では雇用の伸びが今後数四半期で鈍化する可能性に警戒を示しており、追加利下げ観測は後退していないことから、豪ドルは伸び悩む可能性がある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:73円20銭-75円20銭



《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年10月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら