[注目トピックス 市況・概況]欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米中摩擦解消への期待継続も米金融政策にらみ

*17:25JST 欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米中摩擦解消への期待継続も米金融政策にらみ
12日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米中貿易協議の先行き不透明感は根強いものの、摩擦解消への期待感は継続する見通し。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者の金融政策に関する慎重な見解はドル買いを抑制しそうだ。

引き続き米中貿易協議の行方が焦点となっている。両国がこれまで発動した関税を今後段階的に撤廃するとの中国側の発表をトランプ政権が否定したことで、先行きの不透明感が残る。トランプ米大統領は前週末、協議の進展に言及し米国にとって適切な内容でなければ合意を受け入れないとの強気な姿勢を示した。また、激化する香港デモも米中協議に影響を与えかねず、警戒感は根強いようだ。本日のアジア市場でドル・円はドルの主要通貨に対する買い戻しで小幅に値を上げたが、具体的な買い材料は乏しく109円台前半で上値の重さが目立った。

この後の海外市場でも、上値は重そうだ。米中の摩擦解消に向けた動きに変わりはなく、リスクオフのムードは後退する見通し。ただ、本日発表のドイツZEW景気期待指数の大幅改善が好感され、ユーロ・ドルの買いが強まればドル・円を下押しする見通し。また、前回並みの内容が予想される明日の米消費者物価指数(CPI)を見極めようと、積極的なドル買いは入りづらい。一方、明日のパウエルFRB議長の発言が注目されるなか、前回の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げに賛成したクラリダFRB副議長が慎重姿勢を示せばドル買いは入りづらい地合いとなろう。トランプ大統領のNYエコノミッククラブでの講演も注目(警戒)されよう。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】
・18:30 英・7-9月ILO失業率(予想:3.9%、6-8月:3.9%)
・19:00 独・11月ZEW景気期待指数(予想:-13.0、10月:-22.8)
・19:30 クラリダ米FRB副議長が討論会参加(金融政策、物価関連)
・02:55 ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演
・08:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁質疑応答
・トランプ米大統領講演(NYエコノミッククラブ)




《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年11月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。