[注目トピックス 市況・概況]NY金:横ばいで1470.50ドル、米指標改善によるドル高や大統領発言が一時圧迫

*03:49JST NY金:横ばいで1470.50ドル、米指標改善によるドル高や大統領発言が一時圧迫

 NY金先物は横ばい(COMEX金2月限終値:1470.50→0.00)。1478.30ドルから一時1468.10ドルまで下落した。ドイツやユーロ圏の11月製造業PMIの上昇を受けたユーロ高・ドル安をきっかけに買いが先行していた。しかし、米国の11月PMI速報値の予想を上回る上昇や11月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値の上方修正を好感したドル買いで、割高感が台頭。また、トランプ米大統領の「米中通商合意が非常に近い可能性がある」との発言もあり、売りが強まった。__NEW_LIN
《KK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年11月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。