[注目トピックス 市況・概況]マザーズ先物概況:反落、様子見ムード強いなか時価総額上位銘柄も軟調

*15:35JST マザーズ先物概況:反落、様子見ムード強いなか時価総額上位銘柄も軟調
9日のマザーズ先物は先週末比9.0pt安の905.0ptと反落した。なお、高値は919.0pt、安値は902.0pt、取引高は2095枚。本日のマザーズ先物は、重要イベントを前に様子見ムード姿勢が強まるなか、利益確定売りが優勢となり反落となった。前週末の米国市場では注目されていた11月の雇用統計が市場予想を上回る良好な内容であったことから、米景気に対する後退懸念が和らぎ、主要3指数は大幅上昇した。これを受けて、本日の東京市場でも朝方こそ全面高商状での寄り付きとなったが、今月15日に控える対中関引き上げの行方などを見極めたいという背景もあり、全体的に模様眺めの姿勢が強く小動きとなった。こうした中、目先の先高感も高まらず、指数インパクトの大きいサンバイオ<4592>やそーせい<4565>、Sansan<4443>といった時価総額上位銘柄も軟調な値動きとなり、個人投資家センチメントの改善に繋がらなかった。売買代金上位では、上述したサンバイオやそーせいなどのバイオ関連株のほか、Sansan、Amazia<4424>、AI CROSS<4476>、メルカリ<4385>なども下落した。
《YN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。