[注目トピックス 市況・概況]NY為替:ドル・円強含み、対中追加関税発動延期の可能性も

*07:29JST NY為替:ドル・円強含み、対中追加関発動延期の可能性も
10日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円54銭から108円77銭まで上昇し、108円71銭で引けた。マルバニー主席補佐官代行やクドロー国家経済会議(NEC)委員長が「追加関税は選択肢」と述べる一方、米ウォールストリートジャーナル紙による「米中が15日の追加関税発動の延期を検討」との報道や、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)修正案で合意が成立したことなどを受けて、貿易に関する不透明感払しょくへの期待でドル買い・円売りが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.1074ドルから1.1098ドルまで上昇して1.1096ドルで引けた。12月独ZEW景気期待指数を好感したユーロ買いが継続。ユーロ・円は、120円23銭から120円69銭まで上昇。ポンド・ドルは、1.3155ドルから1.3215ドルまで上昇したが、取引終了時点にかけて1.3156ドルまで下げた。ドル・スイスは、0.9874フランから0.9834フランまで下落した。


《MK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。