[注目トピックス 市況・概況]NY金:反発、米中関係の中長期的な見通しは不透明

*10:22JST NY金:反発、米中関係の中長期的な見通しは不透明

COMEX金2月限終値:1560.30 ↑9.80

17日のNY金先物2月限は反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は、前日比+9.80ドルの1オンス=1560.30ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1549.30ドル−1561.40ドル。米長期金利の上昇や米国株高が多少嫌気されたが、貿易・通商問題などを巡って米中関係のさらなる改善への期待はやや後退しており、中長期的な見通しは不透明であることから、ポジション調整的な買いが入ったようだ。


《TN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。