[注目トピックス 市況・概況]マザーズ先物見通し:小動き、方向感の定まらない展開

*08:39JST マザーズ先物見通し:小動き、方向感の定まらない展開
本日のマザーズ先物は、前日の米国市場が休場だっただけに、新規の手掛かり材料に乏しく方向感の定まらない展開が予想される。前日の東京市場は市場予想を大幅に下回る2019年10-12月期の実質GDP(国内総生産)などを嫌気してリスク回避の動きが強まる場面があった。市場では「新型肺炎の影響で20年1-3月期のGDPについてもマイナス成長が懸念され、景気の腰折れに対する警戒感が高まる可能性がある。また、新型肺炎問題に収束の兆しが見えなければ、7月の東京五輪の延期も現実味を帯びる可能性がある」といった警戒の声も聞かれており、日経平均が下げ幅を拡大させる場面があるなら、マザーズ先物にもヘッジ売りが波及することが想定される。一方、中国による景気下支え政策や世界各国の金融緩和政策拡充などの期待が不安感を和らげている面もある。こうした背景もあり、下げた場合でも下落幅は限定的になりそうだ。個別では、昨日はそーせいが大幅に上昇した一方、その他の時価総額上位銘柄の多くは大幅に下落した。こうした大幅下落した指数寄与度の高い銘柄群に買い戻しが入れば、マザーズ先物は堅調に推移しそうだ。上値のメドは835.0pt、下値のメドは820.0ptとする。


《YN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。