[注目トピックス 市況・概況]マザーズ先物概況:反発、買い戻し一巡後は様子見ムード

*16:20JST マザーズ先物概況:反発、買い戻し一巡後は様子見ムード
21日のマザーズ先物は前日比6.0pt高の819.0ptと反発して終了となった。高値は828.0pt、安値は805.0pt、取引高は3957枚。本日のマザーズ先物は、朝方の買い戻し一巡後は上値の重い展開となった。コロナウィルスの感染拡大を嫌気する流れから前日の米主要3指数が揃って下落したことを受けて、ナイトセッションで積まれたとみられるマザーズ先物売りが、朝方のメルカリやフリーなどの主力銘柄の堅調スタートを睨んで買い戻されたもよう。ただ、買い戻しの動きは朝方で一巡し、その後は香港市場などのアジア株の軟調スタートが個人投資家心理にも影響を与えた。週末要因も相まって、積極的な押し目買いの動きは乏しく、日中取引終了時間にかけては様子見ムードの地合いとなった。個別では、前日に上場来高値を更新したフリーの上値追いが続いたほか、丸井と業務提携などを発表したメルカリもマザーズ市場をけん引した。
《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。