[注目トピックス 市況・概況]米国株式市場見通し:コロナウィルスによる投資家心理の悪化が続く

*14:41JST 米国株式市場見通し:コロナウィルスによる投資家心理の悪化が続く
先週のFOMC議事録では、新型肺炎の影響が不透明としながらも、米景気の堅調さを示す議論が主流で、金融政策を変更する可能性は低いとの認識が示された。複数の連銀総裁はコロナウィルスによる影響は一時的との認識を示しており、投資家心理も次第に回復することが予想される。

22-23日にかけてサウジアラビアの首都リヤドでG20財務相・中銀総裁会議が開催される。新型コロナウィルスの拡大が世界経済に与える影響について議論される見通しだ。経済のデジタル化に対応した国際的な課税方法やデジタル通貨を巡る各国の取り組みも議論される予定だが、トランプ大統領はフランスが導入したデジタル課税が米IT企業を狙ったものだったとして報復措置を示唆していたこともあり、議論内容を注視したい。中国が進めるデジタル人民元への注目は大きく、フェイスブックが発行延期を決定した仮想通貨「リブラ」への注目が再び強まりそうだ。

今週は小売各社の11-1月期決算が多数予定されている。主な決算では百貨店のメーシーズ(25日)やJCペニー(27日)、ホームセンターのホーム・デポ(25日)やロウズ(26日)、ディスカウントストアのTJX(26日)、家電量販店のベストバイ(27日)などが予定されている。12月小売売上高は堅調な内容となったものの、百貨店は5カ月連続のマイナスとなった一方で、オン

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。