[注目トピックス 市況・概況]NY外為:ドル・円再び200DMA割れ、ダウ770ドル安、米国の新型ウイルス感染数が急増

*00:58JST NY外為:ドル・円再び200DMA割れ、ダウ770ドル安、米国の新型ウイルス感染数が急増



NY外為市場では米国の消費者信頼感の低下で景気見通しがさらに悪化しドル売りが強まったほか、リスク回避の円買いも強まった。

ドル・円は108円90銭から107円98銭まで下落し19日来の安値を更新。重要な節目である200日移動平均水準の108円33銭を割り込んだため中期的に再び下落基調入りする可能性もある。ユーロ・ドルは1.0954ドルから1.1047ドルまで上昇した。

ユーロ・円は119円82銭から118円81銭まで下落。ドル・円と同様に重要な節目である200日移動平均水準の120円03銭割れで推移した。

米国政府が発表した2兆ドル規模の経済救済策が成立に近づいたものの、全米の新型ウイルス感染件数が中国やイタリアを上回る世界最大に拡大、収束の兆しが見られず、さらに米国経済が停止する中、3月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が2016年10月以降3年半ぶり低水準となるなど、景気悪化への不安が払しょくしきれずダウ平均株価は一時1000ドル超安となった。米10年債利回りは0.85%から0.73%まで低下した。




《KY》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。