[注目トピックス 市況・概況]為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国経済の大幅な悪化を織り込む展開

*14:32JST 為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国経済の大幅な悪化を織り込む展開
【先週の概況】
■米雇用情勢の大幅悪化などを嫌気してドル売り強まる

先週のドル・円は下落。米連邦準備制度理事会(FRB)が無制限の資産購入や企業や州政府、地方自治体の流動性を支援する計画を発表したことを受けてドル資金不足はおおむね解消され、米長期金利は低下した。この動きを意識してドル売りが先行したが、米国政府・議会は2兆ドル規模の経済支援策について合意したことから、ドル買い・円売りが一時優勢となる場面があった。しかしながら、3月26日発表の新規失業保険申請件数は300万件超と過去最多となったことや、パウエルFRB議長が一段の緩和姿勢を示唆したことから、リスク回避のドル売りが再び活発となった。

27日のニューヨーク外為市場でドル・円は、一時107円76銭まで下落した。米国における新型コロナウイルスの感染者数は世界最多となったことや、3月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が大幅に下方修正されたことを嫌気して、リスク回避のドル売りが観測された。米国株安や米長期金利の低下もドル売り材料となったようだ。ドル・円は107円95銭でこの週の取引を終えた。ドル・円の取引レンジ:107円76銭−111円71銭。

【今週の見通し】
■ドル・円はもみ合いか、米国経済の大幅な悪化を織り込む展開

今週のドル・円はもみ合いか。米国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年4-6月期の米国経済が景気後退(リセッション)に陥ることは、避けられない状況となった。ドル資金不足は解消されつつあること、インフレ進行の可能性は低いとみられており、目先的にリスク選好的なドル買いは抑制される可能性がある。ただし、米国政府と議会は雇用情勢の急激な悪化などに対応するため、2兆ドル規模の大規模な経済支援策が成立し、トランプ米大統領は、同経済支援策に署名した。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。