[注目トピックス 市況・概況]新興市場見通し:ひとまずリバウンドも警戒ムードなお濃く、IPOは3社登場

*15:12JST 新興市場見通し:ひとまずリバウンドも警戒ムードなお濃く、IPOは3社登場
先週の新興市場では、マザーズ指数が3週間ぶりに大幅上昇し、600pt台を回復した。日米の金融緩和強化などを背景に、日経平均が週間で2836.60円と過去最大の上げ幅を記録。新興市場でもリスク回避的な売りが和らぎ、前の週に大きく下落していたメルカリなどマザーズ指数への寄与が大きい銘柄がリバウンドした。ただ、このところの荒い値動きによりマザーズ売買代金は低調だった。なお、週間の騰落率は、日経平均が+17.1%であったのに対して、マザーズ指数は+11.7%、日経ジャスダック平均は+8.3%だった。

個別では、マザーズ時価総額上位のメルカリが週間で35.0%高、ミクシィが同21.5%高、JMDCが同27.9%高となった。ミクシィは従来予想より減益幅が縮小する見通しと発表し、JMDCなどは医療系ベンチャーとして賑わった。売買代金上位では、新型コロナウイルスワクチンの開発で注目されるアンジェスが大幅高。また、リアルワールドやティーケーピーが週間のマザーズ上昇率上位に顔を出した。一方、前の週に強いリバウンドを見せたSansanが反動で同20.2%安となり、グッドスピードが下落率トップとなった。ジャスダック主力ではワークマンが同9.0%高、ハーモニック・ドライブ・システムズが同13.4%高、東映アニメーションが同18.7%高と大きく上昇。ワークマンや東映アニメでは一部証券会社の投資判断引き上げが観測されている。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。