[注目トピックス 市況・概況]東京金概況:戻り鈍い、上値では現金化目的の売りが散見される

*16:45JST 東京金概況:戻り鈍い、上値では現金化目的の売りが散見される
TOCOM金 21年2月限・日中取引終値:5450円(前日日中取引終値比↓140円)

・推移レンジ:5394-5477円

4月2日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年2月限)は戻りの鈍い展開となった。本日の日経平均が230円安からスタートした後に、日銀による上場投資信託(ETF)買い実施への期待から前場やや下げ渋りをみせたことで、朝方から後場にかけては金先物に対する資金回帰の動きがみられた。国内の新型コロナウイルス感染者の拡大ペースに収束の兆しはみられておらず、依然として東京のロックダウン(都市封鎖)への警戒感は根強いなか、後場に入ると米株価指数先物の下落を背景に東京市場においても株式などのリスクアセットが急速に軟化。そのタイミングにおいて、ナイトセッション終値(5423円)の水準からは上昇していた金先物に対しても上値では現金化目的の売りが散見された。大きく売り込む流れには至らなかったことで、日中取引終了時間にかけて押し目買いの動きみられたが、戻りは鈍かった。
《SK》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。