[注目トピックス 市況・概況]国内株式市場見通し:下値抵抗力を試す日経平均

*14:37JST 国内株式市場見通し:下値抵抗力を試す日経平均
■日経平均23000円回復後に波乱

前週の日経平均は、23000円台回復後に波乱の展開となり4週ぶりに下落した。雇用者数が予想に反して大幅に増えた5月雇用統計を受けて、V字回復への期待が高まるなか5日のNYダウは5日続伸。この流れを好感して、週明け8日の日経平均は前週末比314.37円高の23178.37円と高値引けとなるなか6日続伸した。一時1ドル=109円台後半まで振れた円安なども支援材料となった。8日のNYダウは6日続伸し、ナスダック総合指数も過去最高値を更新したものの、9日の日経平均は7営業日ぶりに反落。米長期金利の低下とともに為替相場が円高方向に振れたほか、前日に節目の23000円台を回復したことで利益確定売りが先行した。9日のNYダウが7営業日ぶりに反落すると、10日の日経平均も一段安でスタート。ただ、NYダウ先物の時間外取引での上昇が支援材料となり、前場中ごろからプラス圏へ浮上し小反発で大引けた。10日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、市場の予想通り、当面の実質ゼロ金利政策継続の方針が示された。ナスダック指数は史上初の1万ドル大台を上回って引けた。11日の東京市場は、4-6月期大企業全産業における景況判断指数の悪化が嫌気されたほか、円高などを受けて、朝方から売りが先行。日経平均は後場に下げ幅を広げ4日ぶりに23000円台を割り込んで大引けた。11日のNYダウは1861.82ドル安と、3月9日の2013.76ドル安に次ぐ過去4番目の下落幅をみた。FRB(米連邦準備制度理事会)が悲観的な景気見通しを維持して経済のV字型回復期待が後退したほか、ウイルス感染第2波を警戒した売りが先行した。12日の日経平均も米国株安を嫌気して続落。朝方寄り付き後に前日比685.98円安まで下げ22000円台を割り込む場面もあった。ただ、前日からの下げピッチが速いこともあり、大引けにかけては下げ幅を縮小させ、日経平均は167.43円安の22305.48円まで持ち直した。12日のNYダウは477.37ドル高と反発。6月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値が予想を上回ったことなどが好感された一方、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)が感染第2波に対する警告を発したことが警戒され、一時マイナスとなるなど荒い値動きとなった。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。