[注目トピックス 市況・概況]個別銘柄戦略:信越化や日本電産に注目

*09:03JST 個別銘柄戦略:信越化や日本電産に注目


週明け20日の米国市場では、NYダウが8.92ドル高の26680.87と小幅高の一方、ナスダック総合指数が263.90pt高の10767.09と急伸し、シカゴ日経225先物も大阪日中比140円高の22790と買われた。21日早朝の為替は1ドル=107円20-30銭(昨日大引け時は107.29円付近)。本日の東京市場では、米国でのハイテク株高を材料にソフトバンクGが買いを集め、ソニー、東エレクなど電子部品セクターの主力株も軒並み高となろう。ただ、JALJR東日本の空運、陸運株は引き続き売り物が厚く、三菱UFJなど大手銀行株は米長期金利低下をマイナス材料に弱含みとなろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された大成建、大林組、鹿島、イビデン、信越化、積水化学、アルテリア、関西ペイント、LIXILグループ、ミネベア、日本電産などに注目。
《US》
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク