[注目トピックス 市況・概況]NY外為:商品通貨高、OPECプラス、協調減産緩和先延ばしを検討

*02:32JST NY外為:商品通貨高、OPECプラス、協調減産緩和先延ばしを検討

石油輸出国機構(OPEC)プラスは協調減産の緩和を3カ月から6カ月先送りを検討する可能性を示唆した。OPEC加盟国、非加盟国は17日に会合を予定している。当初は世界経済の回復を見込み、1月からおおよそ1日200万バレル生産を増加させる計画だった。

NY原油先物は上昇。商品通貨も上昇した。ドル・カナダは1.3098カナダドルから1.3066カナダドルまで下落後も戻りの鈍い展開。カナダ円はドル・円に連れ79円85銭まで弱含んだのち80円05銭まで上昇した。豪ドル・ドルは0.7286ドルから0.7327ドルまで上昇し、9日来の高値を更新。豪ドル円は76円23銭まで下落後、76円60銭まで上昇した。NZドル・ドルは0.6863ドルから0.6901ドルまで上昇。NZドル・円は71円87銭まで弱含んだのち71円16銭まで上昇した。



《KY》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。