[注目トピックス 市況・概況]日経平均は347円高、後場の値幅はここまで111円程度

       
*14:42JST 日経平均は347円高、後場の値幅はここまで111円程度
日経平均は347円高(14時40分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ、東エレク、ファナックなどがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で63円程押し上げている。一方、リクルートHD、エムスリー、セコムなどがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、証券商品先物、非鉄金属、倉庫運輸関連、金属製品、不動産業が値上がり率上位、その他製品、電気・ガス業、鉱業、サービス業、精密機器が値下がり率上位となっている。

日経平均は高値圏で推移している。ダウ平均先物や中国株が堅調で東京市場の株価支援要因となる一方、高値警戒感も意識され上値追いには慎重なようだ。日経平均の後場の値幅(高値と安値の差)はここまで111円程度。


《FA》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。