[注目トピックス 市況・概況]NY為替:米長期金利反発でドル売り一服

*07:06JST NY為替:米長期金利反発でドル売り一服
16日のニューヨーク外為市場でドル・円は、103円29銭から103円92銭まで上昇したが、103円42銭で引けた。米追加経済対策協議で週内合意への期待が広がったことや、米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和(QE)の構成や資産購入ペース修正を見送ったため、ドル買いが一時優勢となった。

ユーロ・ドルは1.2206ドルから1.2125ドルまで下落し、1.2198ドルで引けた。米長期金利の上昇などを意識して、ユーロ売りが一時優勢となった。ユーロ・円は125円92銭から126円35銭まで上昇。米追加経済対策の合意期待にリスク選好の円売りが優勢となった。ポンド・ドルは1.3554ドルまで上昇後、1.3451ドルまで反落。英国と欧州連合(EU)の通商交渉進展を好感してポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.8837フランから0.8892フランまで上昇。米財務省はベトナム、スイスを為替操作国と認定したため、一時フラン買いが強まったが、スイス中央銀行は為替介入を継続する意向を表明したため、フラン売りが優勢となった。


《MK》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。