[注目トピックス 市況・概況]日経平均VIは上昇、株価軟調で市場心理悪化

       
*14:40JST 日経平均VIは上昇、株価軟調で市場心理悪化
日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は14時40分現在、前日比+1.08t(上昇率4.92%)の23.01ptと上昇している。なお、今日ここまでの高値は23.45pt、安値は21.76pt。

日本時間の今朝、バイデン米次期大統領が1.9兆ドル(約200兆円)規模の追加経済対策案を公表したと伝えられる中、東京株式市場は売り買い交錯で始まった。ただ、追加経済対策案はすでに株価にはかなり織り込まれているとの見方のほか、目先材料出尽くし感もあり、日経225先物は取引開始後はマイナス圏で軟調に推移し、市場心理が悪化。日経VIは上昇幅を拡大する動きとなっている。


【日経平均VIとは】
日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向がある。一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っている。


《FA》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。