[注目トピックス 市況・概況]大阪金概況:下落、朝安の後は安全資産として見直しの動きも

       
*16:05JST 大阪金概況:下落、朝安の後は安全資産として見直しの動きも
大阪取引所金標準先物 21年12月限・日中取引終値:6135円(前日日中取引終値↓48円)

・推移レンジ:高値6142円-安値6055円

18日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落した。金の価格決定要因として注目されるドル相場は、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが安値圏ながら先週末に上昇した。これを受け、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいにくく、先週末のナイトセッションで金先物は下落。今日の金先物はこの流れを引き継ぎ、売り優勢の展開となった。ただ、東京株式市場で日経平均が続落となったことで、安全資産としての金を見直す動きもあり、金先物は朝方に安値をつけた後は下げ渋る展開となった。


《FA》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。