[注目トピックス 市況・概況]東京為替:ドル・円は103円台半ばの水準を維持、この後は中国本土株式の動向も手掛かり材料に

*12:01JST 東京為替:ドル・円は103円台半ばの水準を維持、この後は中国本土株式の動向も手掛かり材料に
22日午前の東京市場でドル・円は、103円50銭台で推移。日経平均は109円安で午前の取引を終えた。株安は続いているものの、リスク回避的な円買いは増えていない。午後の取引では中国本土株式の動向も材料視されそうだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円49銭から103円61銭で推移。ユーロ・円は125円90銭から126円06銭で推移、ユーロ・ドルは1.2162ドルから1.2178ドル。

・NY原油先物(時間外取引):高値53.16ドル 安値53.00ドル 直近53.01ドル

【売買要因】
新型コロナウイルスの変異種の感染拡大
・米国の低金利政策は長期化の公算
・米国分断懸念、社会不安


《MK》

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日経平均株価」に関する記事

「日経平均株価」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日経平均株価」の記事

次に読みたい「日経平均株価」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。