アウトソーシング---1Q大幅な増収増益、売上収益に加え各利益が過去最高を更新

アウトソーシングは6日、2021年12月期第1四半期(21年1月-3月)連結決算(IFRS)を発表した。売上収益が前年同期比38.4%増の1,238.96億円、営業利益が同111.0%増の52.06億円、税引前利益が同277.3%増の54.64億円、四半期利益が同216.5%増の31.23億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同229.1%増の27.67億円となった。第1四半期として12期連続で売上収益の過去最高を更新し、営業利益、税引前四半期利益、四半期利益、親会社の所有者に帰属する四半期利益の各利益も同期間の過去最高を塗り替えた。

国内技術系アウトソーシング事業の売上収益は前年同期比9.8%増の275.56億円、営業利益は同18.2%増の17.09億円となった。コロナ禍の影響は限定的であり、前年同期比で大幅な増収増益となった。4月入社の新卒2,364名に関する先行投資費用を吸収してなお利益は2ケタ増となり、採用人数については、KENスクールを活用した未経験者を教育して配属するスキームにより採用単価を抑制しながら伸ばし、期末外勤社員数は、前年同期末比2,201名増の18,249名となった。重点分野のIT分野や建設、医薬分野も順調に拡大した。

国内製造系アウトソーシング事業の売上収益は前年同期比42.1%増の231.30億円、営業利益は同33.2%増の19.31億円となった。コロナ禍による低調から脱却し、前年同期比で大幅な増収増益となった。製造派遣・請負及び期間工の有料職業紹介において地震や半導体不足の影響が生じたが、振替生産が見込まれ、その影響は限定的であるとしている。管理業務受託においては、顧客メーカーの外国人技能実習生活用ニーズは堅調であるが、出入国規制により技能実習予定者の来日が困難な状況が継続している。しかし、適切な管理実績、とりわけコンプライアンス面を高く評価され、国内で首位の事業者として3月末の管理人数は21,942名となった。期末外勤社員数は前年同期末比5,705名増の18,614名となった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク